ブックレビューやWindows、Mac、iPhone、Evernote、Web、Wordpressを中心に付加価値となる情報をお届けするブログです。

WordPressの固定ページにカテゴリ一覧ページの作成方法

wordpress_list

【img via:mcojah

自分の作成しているカテゴリ一覧を把握する時に一覧があると分かりやすい。
カテゴリ一覧の親と子の階層化ができていれば、自分の記事が把握しやすいです。

そのときの実装方法についての順序は、以下の通りです。

  1. 固定ページsingle.phpを複製
  2. 複製ファイル名をsingle-category-list.phpとリネーム
  3. WordPressテンプレートタグを『single-category-list.php』のコンテンツ部分以下コードを追加。li要素だけなので、ulを外に追加。

    <?php wp_list_categories('title_li=&show_count=1&use_desc_for_title=1&depth=0'); ?>

    php wp_list_categoriesのテンプレートタグは、ブログのデータを動的に表示したり、個性的で面白いブログにカスタマイズするときに、テンプレートの中で使います。()内はパラメータなのでタイトル、記事数、カテゴリの説明をリンク、全てのカテゴリーを取得があります。

  4. 新規で固定ページのスラッグに対して、複製したcategory-listを指定。固定ページに対しては、上記のコード部分が表示されています。

問題なければ、カテゴリ一覧が表示されています。

参照:テンプレートタグ/wp list categories – WordPress Codex 日本語版
参照:[Customize]固定ページにカテゴリー一覧を表示させた | mcity.org